スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十一回目バイオマスエネルギー講演会のご案内

130603kouen.jpg

まちづくりサロンの二十一回目は、「再生可能エネルギーの切り札~バイオマスをめぐる現状と課題~」の講演会を開催します。

講演の概要
○ 温暖化を招く化石燃料も、未だ人類にとってコントロール不可能な原子力も、今後私たちが必要とするエネルギー源としては適切ではない。福島原発事故後、原発を止めようという声が大きく、火力発電が盛り返してきた。これでは低炭素社会は遠くへ行ってしまう。
○ 太陽と二酸化炭素と水がある限り永遠に供給可能で、エネルギーだけでなく材料(あるいはその原料)も提供してくれ、且つ、カーボンニュートラルな資源としてバイオマスは、もっと注目されてよい。
○ この機会にバイオマスのポテンシャル、バイオマス変換技術最前線について紹介し、皆さんとバイオマス利用の意義について考えたい。

◇日時:6月3日(月)18:30~21:00(開場18:00)
◇場所:葵丘(東岡崎駅南口徒歩2分)
◇電話:0564-57-1451
◇講師:名古屋大学生命農学研究所教授 福島和彦 氏
◇主催:額田バイオマス火力発電所建設検討会
◇後援:特定非営利活動法人アースワーカーエナジー
◇問合せ:加藤(090-6017-5332)太田(080-6978-1922)
◇申込み:先着100名 参加無料

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。