スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十七回目

12月2日は、「天使の森」森林再生プロジェクトの進捗状況の報告から始まりました。

天使の森周辺の植生調査が終わり、天使の森の将来の植生計画が具体的に見えて来た。去る11月23日には今後植林するための苗ポット作りを市民参加で行った。現在それらのポットは宮崎小学校、常磐東小学校で管理していただいている。年明けには梅園小学校にも協力していただく予定。今後このまちづくりサロンを中心に、意見交換をしながら具体的にプロジェクトを進めていきたい。

131202-ewe-salon27.jpg

参加者からは、どれだけ多くの市民に賛同してもらえるかが大切。分かりやすく、誰でも理解できるような表現が必要。天使の森見学ツアーを開催して欲しい。構想の市民化が課題、などの意見が出されました。
また、中心市街地を流れる乙川の魅力を高めるには、なによりも川の水が良質である必要がある。水が綺麗であれば乙川周辺の修景など、活性化の方策がより効果的なものになると思う。自然石などを使用して親水域を整備できれば、市民も川辺で過ごす機会が自ずと増えるのではないか。そうした取り組みが住みやすさにつながる。既に日本は人口減少に転じ、どの自治体も市民にとっての魅力を意識的に高める必要がある。周辺市町村にはない岡崎の魅力として山や川は大きな要素となりえるのではないか、等の意見が相次ぎました。

次回は、2014年1月14日の火曜日18時からです。
年初のため変則的に第2火曜日となっていますのでお気を付けください。
スポンサーサイト
プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。