スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十一回目

6月3日は、額田バイオマス火力発電所建設検討会の提案で名古屋大学の福島教授を講師にお招きし、「再生可能エネルギーの切り札」~バイオマスの現状と課題~と題し講演いただきました。会場には国会議員、県議会議員、市議会議員、自治体職員、岡崎森林組合、市内の大学教員、市民活動をされている方など、80名程の人が集まりました。

バイオマス利用のキーワードは「カーボンニュートラル」「カスケード利用」。持続可能な社会を考える時、前提としてこのまま温暖化が進めば早ければ100年後には人が住めないような地球環境になってしまう可能性があることを忘れてはいけない!

自然現象は複合的な要因に左右されるが、人間社会の排出するCO2が温暖化を進める要因であることは間違いない。化石燃料にはいくつか種類があるが、1億年かけて蓄積された炭素を消費することに変わりない。重要なのは化石燃料への依存を減らし、炭素の蓄積と消費を均衡できるエネルギー資源に転換すること。その代表がバイオマスであり、欧米では代替エネルギーの最有力候補とされている。バイオマスの9割は木質バイオマスであり、森林資源が豊富な日本では積極的に活用すべき。木造住宅はコンクリート造に比べ建設に必要なエネルギー量は4分の1で済み、また、1棟で平均6トンの木材を使い、CO2の固定化にも大きく貢献するため、もっと推奨してもよいのではないか。住宅などの付加価値の高い利用の後、段階的(カスケード)に、廃材の利用、最終的にはチップにして燃料として利用するのが望ましい。

130603-salon21.jpg

岡崎でバイオマス火力発電を運転するだけの木質バイオマスの量を市内の山で十分まかなえるだけの木材はある。様々な課題はあるが、人や技術のネットワークを構築して、是非実現して欲しいと話されました。

参加された方々からも質問や意見が相次ぎ、岡崎森林組合長の眞木さんから「岡崎の山では5万立米を超える量の木材が毎年蓄積されている計算になるが、森林組合が伐採している量は1割の5千立米に満たない。しかし、30人ほどの組合職員では、精一杯のところだと思う」と、現在の林業の状況を語られました。また、他の方からは、今日本の企業はエネルギー自給率の高い地域を会社のバックアップ拠点として注目している。多くの企業がビジネスとして参画できるようにしていけば、地域の活性化にもつながると思う。などの意見が出ました。

次回、7月は1日の月曜日です。
プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。