スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十六回目

1月15日は、西尾市から参加された杉﨑さん、織田さんの話から始まりました。
杉崎さんの家業は菜種油の製造。純国産の材料を使い昔ながらの製法で油を作り、こだわればこだわるほどお金にならないと言う。菜種の生産者が減り、現在、知多半島から渥美半島までの農家や市民活動団体と連携して菜の花栽培にも取り組む。更に本業の傍ら、子供たちに農作業や自給自足の体験をしてもらう取組をしている。災害などの際、すぐに他者の支援を求めるのではなく、生き抜く力をつけて欲しいと話す。

130115-salon-16.jpg

農作業を中心とした様々な市民活動を西尾で行っている織田さんは、自分自身が癌になったことをきっかけに、ライフスタイルを180度転換し、それまで勤めていたデパートを退職し、今はめぐみ農場を主宰している。命が危うくなってもなかなかライフスタイルを変えられない。社会の常識にとらわれ過ぎて苦しんでいる人が大勢いる。食の大切さ、農業の大切さや楽しさを多くの人に知って欲しい。農作業の多くが高齢者によって行われ、今の日本の食を支えている。農薬は良くないけれど、使わなければ高齢者の農業は成り立たない。農薬を使わない作物を作るには若者の就労が必要だが、採算が取れない。めぐみ農場では、自然農法で誰でも好きなときに来て農作業を体験でき、東京や大阪からも農作業を手伝いに来ると話す。

参加者からは

・子どもたちが「自然てすごいんだ」と思える環境を身近なところにも残したい。
・アイヌ民族のように、自然を敬愛し「必要以上に取らない」という姿勢がこれからの産業に必要。
・本物にこだわる人たちが協力すれば、素晴らしいものができる。その過程は大変だが、結果の良さや喜びをもっと知って欲しい。
・農業の問題も林業の問題に通じるところが多い。議論することも大切だが、農地なり山なりを所有しないと、現実が見えてこない。

など、様々な意見がでました。

2月は4日の月曜日、18時からです。
建築家犬塚恵介さんの「東北の現実と課題」の話より始まります。
スポンサーサイト
プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。