スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十五回目

12月3日は、岡崎市内の学生や岡崎市外から初めて来られた方もおられ、自己紹介を兼ねて参加者それぞれに思うことを話すことから始まり、その後、葵丘2階にて開催中の「天使の森プロジェクト展」を見ながら、天使の森の話になり、意見交換に移りました。

121203-salon15.jpg

参加者からは

・山主にとって、山は利益を生まず、まるでゴミのような存在になってしまっている。山主のためにもお金になる林業を目指したい。
・3.11以降日本の社会は変化してきている。特に女性の活躍に希望を感じる。
・障がい者も普通の人も、老若男女を問わず自然な交流を持てる場を作っていきたい。
・年齢に関係なく人に必要とされ役に立ちたいという気持ちをみんな持っている。お金だけではなく、生きがいを大切にした仕事・産業を作っていくことが、多様で豊かな社会につながる。
・自然を大切にする教育=本当のことを知り、生きている実感が得られる教育が大切だ。
・個の自由な生き方を尊重することも大切だが、経済の再生産の構図を疎かにしてはいけない。

などの意見がでました。

次回は、2013年1月15日の火曜日18時からです。
年始につき曜日が変則になっています。ご注意ください。
プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。