スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十八回目

11月4日、参加者の方がろうそくのカンテラを持ってこられ、「炎を見ながら話そう」という提案がされ、ろうそくの炎をながめながら話が始りました。

141104-salon38-lantern.jpg

先週末岡崎市内で行われたイベント「JAZZ STREET」のことや、市民会館の改修の話に続き、参加者の横山さんが先月東北を訪れ、見学してきたアーキエイド(昨年8月に葵丘で展覧会開催)の活動状況等について話されました。「現地ではようやく造成工事が始まったが、それも一部の集落に限られ、アーキエイドが活動する牡鹿半島の30余りの集落全体というわけではない。規模に応じながら各集落がそれぞれにその土地で暮らしていける復興を望んでいる。集落固有の歴史性などの観点を重視し、地道な聞き取り調査を反映したアーキエイドのプランにコンサルタント会社の担当者も含めた賛同を得て採択された事例もある。住民は急ぐことよりもしっかりとした復興を望んでいる印象を受けた。」

141104-salon38.jpg

話は額田に移り、「人口が減って過疎化することが一概に悪いとは思わない。どんな生き方がしたいのか、最後は死生観の問題に行き着くと思う。」「どうやってもう一度自信を持って自分たちの力で食べていけるようになるかを考えていくことが必要。」「再来年は岡崎市制100年と同時に額田合併10年の年になる。旧額田と旧岡崎の関係についてお互いに振り返る良いタイミングだと思う」などの意見がでました。
天使の森プロジェクトとしては、来年3月28・29日(仮)に万足平で開催するミュージカルの企画が紹介されました。

次回のサロンは年内最後ということもあり、12月6日(土)18:30~交流会となります。変則的に土曜日となっています。
会費は軽食とドリンク込みの2000円。準備の都合上、前日までに連絡をいただけると助かります。0564-55-8307、又はinfo@ewe.orgまでお願いいたします。

みなさまお誘い合わせの上、どうぞお気軽にご参加くださいませ。
スポンサーサイト

第三十七回目

10月6日、まず天使の森プロジェクトとして以下の報告をしました。
1.駐車場整備が完了し、天使の森の入口まで乗用車で行きやすくなったこと。
2.岡崎信用金庫の「天使の森里親定期積金」が始まったこと。
3.エコスタックづくりやどんぐり採取の状況。
また、年明けに万足平で開催するミュージカルの企画が紹介されました。

141006-ewe-salon37.jpg

続いて、参加者の横山さんのリバーフロントの話があり、乙川周辺の話の中から、ゴミの話を例にまちづくりについて意見が交わされました。
「ゴミ拾いを定期的に行って、そのあとバーベキューなどの交流会などを開いて、心のゆとりを作り、人のつながりを作っていってはどうか」「第一に何をすべきかをやっていかないといけない。まず、ゴミを捨てない人をつくっていくことが大切だと思う」「現実に目に見えるところが変わっていかないと、人はついてこない」「まちづくりでは1人の人が動いたことが大きな力になることもある。岡崎で言えば、ジャズストリートや松応寺横丁の取り組みがそれに当てはまると思う」「高い理想を持っていても1人で実現するのは難しい。せめて4~5人は中心となれる人が欲しい」「実践があって理論が付いてくる。やれる人からまずやっていかないと広がっていかない」さらに、東京や近隣自治体の事例にふれながら、さまざまな意見がでました。

11月は、4日の火曜日18:00~です。
*変則的に火曜日となっていますのでお気を付けください。

第三十六回目

9月1日、参加者の横山さん(岡崎市活性化本部乙川リバーフロント推進部会長)の乙川リバーフロントの話から始まりました。去る8月28日に「乙川リバーフロント地区整備計画」が正式発表され、その内容と今後の動きについて伺いました。

部会としては「シビックプライド」をキーワードに、乙川河川敷周辺を起点としたまちのあり方について検討してきた。「シビックプライド」とは「市民がまちに対して抱く愛着や誇り」を意味する。岡崎のため、市民のために考えて重ねてきた議論の内容が、市民が岡崎に住んで良かったと思えることにつながっていけたら良いと思う。河川について最も大切なのは、河川そのものの魅力。理想としてはまず美しい清流を実現したい。
今回の整備計画では、市の組織として乙川リバーフロント部会ともう一つシティプロモーション推進会議が関わっている。これから計画の詳細を決めていく過程の中で、連携を深めるとともに、市民の声に一層耳を傾け、民意を結集し、岡崎市や市長との対話で有意義な役割を果たしていきたい。例えば、現時点では、徳川四天王と呼ばれる武将の石像を設置することになっているが、果たして徳川家康公本人だったらどの4人を適任とするだろうか等、いろんな視点から考える余地がある。

140902-salon-36.jpg

参加者からは、徳川家康公は有名だし、平和な時代の礎を作った人物として市民が誇りを持てる人物だと思う。江戸時代の版画などを見ていると、そこに描かれている人たちはみんな笑っているので、江戸時代はきっと良い時代だったのだと思う。歴史の中で相対的にみれば、岡崎は家康公の家臣を輩出したという意味合いが大きく「三河武士のふるさと」という捉え方が実質的だと思う。前の時代に朝鮮出兵などがあったが、朝鮮通信使の制度を整えるなど、近隣諸国との関係改善を果たした点、また、参勤交代など統治システムをうまく作った点は、少なくともしっかりと評価したいと思う。
3.11以後、「近代」という考え方を見直す動きが社会全体に見られる。
例えば、建築で言えば、北海道でも沖縄でも京都でも同じような考え方の建築で良いという時代ではなくなってきたと思う。そのような点を踏まえて未来像を考えたい。昔の家は人が住まなくなって壊れたら、畑に戻すのも訳ないことだったが、今は地盤改良や杭を打つなどしているからそんな風にはいかない。岡崎は石の産地なので、地元の石を使って河川の護岸をする方が、地域の特色を出し、自然の風景に馴染むだけではなく、壊れた時の修復や何やらで、手間もかかる分だけ、雇用も生まれる。そういう循環型で雇用も生まれるようなビジョンが欲しい。これからの日本の生活環境は、資源に乏しく、製造業の拠点が海外に移り雇用環境が厳しくなり、低賃金・非正規労働が増えて出産どころか結婚できない若者が増える傾向にある。そうした方向とは違う向きで、それぞれの人が、それぞれの地域で手が届く範囲でなにかコトを始めることが大切だと思う。など、活発に意見が出されました。

最後に、天使の森プロジェクトについて報告がありました。8月下旬から、天使の森の入口付近の駐車スペースの整備が行われています。今後は、整備で出た間伐材の残材を利用したエコスタックの作りや、昨年同様にどんぐり拾い~苗ポット作りを行っていく予定です!

10月は、6日の月曜日18:00~です。

第三十五回目

8月4日、参加者の横山さん(岡崎市活性化本部乙川リバーフロント推進部会長)より、リバーフロントの話がありました。

140804-salon-35.jpg

部会としては「市民の誇りを持てるまちづくり」を念頭に、1年余り議論を重ねてきた。例えば、乙川の東岡崎から岡崎公園当たりまで、河川敷の歩道の照明を充実させて安全性を向上するなどし、魅力を高めたいと考えている。今日、21世紀型産業のキーワードに3K(観光、健康、環境)というのがある。その3つを密接に関係させて、まずは市民が楽しめ、誇りを持てる場所にしていきたい。
また、部会とは別に岡崎市はコンサルタント会社に計画案の策定を依頼している。そこでは観光都市化、観光産業化を主眼に置いて案を検討してきた。年間の観光客数を現在比で6倍程度まで伸ばすという目標を掲げている。
こうした中で、部会の考え方を市政にどう反映できるかが、部会の課題となっている。部会としては、市民が誇りを持って行ってみたい場所に状況の場が生まれ、交流の場が生まれる。そしてその交流から賑わいが生まれ、人並や街並が形成されていく。引いてはそれが観光につながっていくと考えている。

参加者からは、3Kを「環境」→「健康」→「観光」という順番で取組み、関連付けていくことが、現代の市民のニーズに沿うことになるのではないか。乙川の水が本当にきれいになって蛍が飛びかう河川敷になれば良い。そうした視点からも照明の在り方を考えてはどうか。100年くらいの時間の長さを考えたプランも必要だと思う。例えば100年後に岡崎城の天守閣を木造で復元すると考えれば、今から額田の山で適した桧を選んで育てていくことができる。また岡崎を拠点に全国の城や社寺の修復をする技術者を育てていけば、伝統技術の継承も可能になるのではないか、などの意見が出されました。

9月は、1日の月曜日18:00~です。

第三十四回目

7月7日は、岡崎市議会でバイオマス調査検討特別委員長をされている議員の原田様が参加され、委員会での調査内容の紹介から始まりました。

額田にある林地残材(いわゆる切捨て間伐で山にそのまま残されている間伐材)が、大雨の際に堤防を損壊するなどの実害が出ている。何とか利用方法を考えないといけないが、木材市場で材価が上がる見込みは少なく、燃料資源としての活用を考えている。ペレットストーブや薪ボイラーなど、福祉施設や教育施設など公共の建物で需要の掘り起しは可能だと思う。市内の28か所の保育施設が更新時期を迎えており、高層である必要がない建物は積極的に木で造るようにしていけば良いのではないか。建築材として木の需要が出てくれば、木くずもたくさん出て、燃料として活用しやすい社会環境になる。木くずが出るような社会づくりが大切だと思う。ナラ枯れや松枯れの被害が広がってきているが、そうした山の荒廃を防ぐためには(造材だけではなく)多機能な対策が必要ではなかと思う。森林対策は最短でも10年の年月が必要。できれば、単年度事業ではなく複数年に亘って継続的に支援できる方策を考えたい。

140707-salon34-01.jpg

参加者からは「トータルに考えた方が良い。山が崩れてからお金を出すか。その前にお金を使うか。」「100年伐期という話を時々耳にするが、100年経てば、スギは直径70センチを超える。その時まで、大木を伐る技術を継承することも大変だと思う。広葉樹を数十年放置したら、おそらく伐木は杉以上に危険で大変なことだと思う。」「ナラ枯れを放置するなどしてシイの木など照葉樹林になると生物の多様性が失われる。コナラなどは30年生までなら萌芽更新するので利用し続けられる。薪を使った暮らしをしたいという人は年々増えているが薪の値段が高いことと、市街地で煙を出しづらい社会になっていることが利用者拡大の妨げになっている。林業者とグリーンボランティア、薪の利用者が上手に仕事の切り分けをできれば価格の課題は減る。あとは、市街地で木を燃してもいいよ、となる政策が期待される。」「自分は薪風呂を使っていて風呂に入るのに2時間かかる。利便性という価値を見直すときが来ている。価値を変えていかないと人間性が失われてしまう。」などの意見がでました。

140707-salon34-021.jpg

その後、額田で活動をしているNPO法人インディアンサマーのメンバーが揃い、活動内容の紹介をされました。天使の森プロジェクトと活動地域が重なっていて、お互いに協力していきたい。今、課題となっているのは活動拠点作り。主に、来訪者が宿泊できる場所を作りたいと考えている。ふた昔前くらいに造られた貸別荘地があって10軒ほどの建物がある。地権者との話で貸してもらえなくもないが、賃貸料を負担しきれない。
参加者からは「名古屋当たりの都市圏の企業のデータベースのバックアップ施設を誘致してはどうか。」「IT企業のサテライトオフィスはどうか、四国では、実際にいくつかのIT企業が中山間地域にオフィスを持っている例がある。」「茶畑復活プロジェクトはどうか。」「まずは、宿泊できる場所をワークショップ形式でリフォームしてはどうか。他県では、そういうワークショップを面白がって、参加費を払って人が集まってくる事例がいくらでもある。」…などなど、意見が相次ぎました。

8月は、4日の月曜日18:00~です。
プロフィール

特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー

Author:特定非営利活動法人  アースワーカーエナジー
産業と環境の調和を保つことを推進し、地球レベルでの環境保全に寄与することを目的に1995年に任意団体として活動を開始。
2001年内閣府より特定非営利活動法人の認証を受け、
2009年愛知県岡崎市額田地域にて、誰もが森の天使になれる「天使の森」プロジェクトをスタート。
森は水源となる自然のダムを形成し、又、二酸化炭素を吸着しながら酸素を放出する中で多様な生物を育んでいます。
そんな生命の源となる自然林、人工林と共に私達は未来への架け橋をしてゆきます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。